シミ・色素沈着してしまったニキビ跡の対策と治し方

ニキビが治ったのに何かシミのようなニキビ跡が残ってしまった、という人も多いのではないでしょうか。

私もシミのような色素が沈着してしまったようになったことがあります。そのようなニキビ跡のことを色素沈着型のニキビ跡と言います。

色素沈着型のニキビ跡とは

シミや色素沈着型のニキビ跡というのはメラニン色素と呼ばれるものが肌に残ってしまうのが原因で色素沈着型ニキビ跡として肌に残ってしまいます。

メラニン色素とは炎症や紫外線によって肌がダメージを受けた時にそれらから肌を守るためにメラニン色素を生成します。

メラニン色素は肌を守るために生成されますから、悪いものではありませんが肌に残ってしまうとシミなどの原因になってしまいます。

しかしターンオーバーがしっかりしているとメラニン色素も古い角質と一緒に剥がれおちますから心配ありません。

ターンオーバーが上手く行われていない人はシミや色素沈着のニキビ跡として残ってしまいます。

ですからターンオーバーを正常にできるように促進させる必要があります。

食生活や睡眠時間や化粧水などでしっかりとスキンケアしていく必要があります。

ターンオーバーさえしっかりとできていれば色素沈着型のニキビ跡は治っていきますので大丈夫です。

色素沈着型ニキビ跡の対策方法

色素沈着型のニキビ跡を残さないためには紫外線を遮断する努力が必要です。

紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されてしまいます。夏だけではなく冬でもきっちりと紫外線対策をすることが大切です。

基本的にニキビ跡というのはターンオーバーを正常に行うことで治っていきます。クレーターまでいってしまうと完治することは難しいですが。

ニキビ跡専用の化粧水を利用したり、色素沈着の場合だと美白コスメを使うことでメラニンの生成抑えることができます。

このように自分自身でニキビ跡のスキンケア用品を買ってケアしていくことが大切です。

おすすめのニキビ跡化粧水

おすすめのニキビ跡に効果がある化粧水はリプロスキンです。60日間の返金保証付きですのでまずは手軽に初めてみてはいかがですか?

詳細はこちら⇒Reproskin(リプロスキン)

このページの先頭へ