大人ニキビとは

大人ニキビとはどのようなニキビなのでしょうか?

正直思春期などにできたニキビとさほど変わりません。変わるのはニキビのでき方やできる場所が違います。

思春期の場合などは肌が脂ギッシュになりやすく、その影響から毛穴に皮脂がたまってニキビができてしまっていました。

しかし大人ニキビの場合は角質が厚くなっており、ターンオーバーが正常に起きにくくなっているため肌が乾燥していても皮脂が毛穴につまり、アクネ菌が繁殖してニキビとなってしまいます。

そのため大人ニキビは肌が乾燥していても十分にできてしまうということです。

毎日十分なスキンケアが大人ニキビを防ぐ方法です。化粧水など自分に合ったものを選び、ターンオーバーが正常に行われるように規則正しい生活を心がけましょう。

大人ニキビが出来る場所は思春期ニキビとは異なる

思春期などにできたいわゆる思春期ニキビと言えばTゾーンを中心に頬などにできていたと思います。

しかし大人ニキビは顎の周辺やこめかみや口周りなどにできやすくなっています。

大人ニキビは肌の状況だけではなく、ストレスや暴飲暴食など様々なことが影響しているからです。

口周りにできる大人ニキビは食べ過ぎやストレスによるものの可能性が高いです。

またこめかみなどにできる大人ニキビはお腹の調子や精神的な部分が影響しているかもしれません。

このように大人ニキビは皮膚の薄く弱い部分にできやすいという特徴を持っています。

おすすめのニキビ跡化粧水

おすすめのニキビ跡に効果がある化粧水はリプロスキンです。60日間の返金保証付きですのでまずは手軽に初めてみてはいかがですか?

詳細はこちら⇒Reproskin(リプロスキン)

このページの先頭へ