クレータータイプのニキビ跡の対策と治し方

ニキビの最終進化系というか1番なりたくないのがクレーターのニキビ跡だと思います。

ニキビ跡の赤みやシミといったものは比較的治りやすいのですが、クレーターのニキビ跡はかなり治すのに時間がかかってしまい厄介です。

見た目も汚らしいイメージで顔全体が老けて見えてしまいます。ではニキビ跡の対策と治し方について紹介していきたいと思います。

ニキビは潰してはいけない

これはよく言われていることですが、ニキビを潰してしまうとその場所がクレータータイプのニキビ跡となって残ってしまいます。

ニキビを潰してしまうとニキビの中にある物質が外へと出されてさらに炎症してしまいます。

肌が炎症することでニキビは悪化してしまい、皮膚組織を破壊してクレーターのニキビ跡となってしまいます。

ニキビ跡を作らないためにはニキビを潰さないようにしなければいけません。

ニキビは顔にできると気になってしまいますが、正しいスキンケアをして触らずに放置しておくことが大切です。

クレーターとは

人間の肌というのは基本的に3つの層でできています。表皮・真皮・皮膚組織というように肌の層は成り立っています。

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあると思うのですが、ターンオーバーとは表皮が28日周期で生まれ変わることを言います。

赤みやシミといったニキビ跡はこのターンオーバーによって改善されます。

しかしクレーターというのは真皮や皮膚組織まで破壊されているので表皮のように肌が生まれ変わることはありません。

真皮まで破壊されているためその部分が凹んでしまってクレーターとなっているわけです。

ニキビを潰すことがやっぱり1番クレーターになる原因ですので注意してください。

ピーリングによってニキビ跡を治していく

ピーリングとは古くなった角質で、残っている角質をピーリング剤によって落とす角質ケア方法となります。

クレーターなどを完璧に治すことは難しいですが、赤みやシミといったものは治っていきます。

またクレーターのニキビ跡も徐々に薄くなって目立たないようになってきます。

自宅で出来るニキビ跡ケアとしてはピーリングが最適です。しかし即効性はなくピーリングは継続してスキンケアしていくことが大切になってきます。

おすすめのニキビ跡化粧水

おすすめのニキビ跡に効果がある化粧水はリプロスキンです。60日間の返金保証付きですのでまずは手軽に初めてみてはいかがですか?

詳細はこちら⇒Reproskin(リプロスキン)

このページの先頭へ