赤みのあるニキビ跡の対策と治し方

ニキビが治ったのに肌に赤みが残っているっていうことはないですか?

それが赤みのあるニキビ跡です。赤みのあるニキビ跡の原因はニキビが炎症してしまいニキビがあった周りの血液の流れが止まってしまい溜まっている状態なんです。

まずニキビを炎症させないことが大切です。ニキビが炎症してしまってい原因として多くがニキビを触ってしまったり潰してしまうことがあげられます。

ターンオーバーが行われていないことも赤みの原因

基本的に人間の肌は28日周期で表皮が生まれ変わります。これをターンオーバーと言います。

ターンオーバーによって古い角質は剥がれ落ち、新しい皮膚が生まれ変わってきます。

しかし赤みのあるニキビ跡ができてしまう人は肌のターンオーバーが正常に行われていません。

なかなか赤みのあるニキビ跡が治らないという人はターンオーバーが正常に行われていない可能性があります。

しかし赤みのあるニキビ跡はニキビ跡の中では1番軽度なものです。なので時間はかかっても必ず治ります。

ターンオーバーが行われない原因

ターンオーバーが行われない原因はいくつかあげられます。

まず食生活です。偏った食生活を繰り返しているあなたはターンオーバーが行われにくい肌になっているかもしれません。

肌のターンオーバーを促進してくれる栄養素はタンパク質とビタミンです。積極的に摂取していくことをおすすめします。

そして睡眠に問題がある人もターンオーバーに影響を与えてしまいます。

ゴールデンタイムというのをご存知でしょうか?

夜10時~夜中2時の間をゴールデンタイムと言います。

ターンオーバーを促進させるためにはホルモンが正常に分泌させることが大切です。

ゴールデンタイムにホルモンの分泌が活発に行われているため睡眠不足や不規則な生活をしている人は正常にターンオーバーが行われにくくなっています。

化粧水でターンオーバーを促進させる

ニキビ跡は正常にターンオーバーさせていくことがニキビ跡を治すことに繋がっていきます。

正常にターンオーバーをさせたい場合はピーリング剤が含まれている化粧水を利用してターンオーバーを促しましょう。

化粧水を利用していくことが自分でできる唯一のスキンケアです。

おすすめのニキビ跡化粧水

おすすめのニキビ跡に効果がある化粧水はリプロスキンです。60日間の返金保証付きですのでまずは手軽に初めてみてはいかがですか?

詳細はこちら⇒Reproskin(リプロスキン)

このページの先頭へ