ニキビ跡ってどうやって治すの?

ニキビ跡を治すには

「ニキビ跡ができてしまった」と嘆く前に自分にできることからニキビ跡のケアをスタートさせていきましょう。

ニキビ跡を治すには専門のクリニックなどで行う治療から自分で手軽にできるケアまで様々な方法があります。

当サイトでは自分でできるニキビ跡のケアの方法を主に紹介しています。

ニキビ跡を治すには時間と根気が必要

通常のニキビとは違い、ニキビ跡は皮膚細胞が破壊されているためニキビのようにすぐに治ることはありません。

しかし根気よくターンオーバーを促進させるように化粧水でケアしていくことがニキビ跡の改善に繋がっていきます。

ニキビ跡は肌に炎症がおこることによってでき、色素沈着・シミ・クレーターといったものができてしまいます。

中でも肌の凹凸であるクレーターは根気よくケアしていかないとなかなか治らないのが本当のところです。

自分でできるニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を治すためには自分自身で普段からスキンケアしていかなければいけません。

スキンケアといってもどのようにすればいいのかいまいち分からないところだと思います。

ニキビ跡はピーリングによって出来る限りターンオーバーを促し、古い角質とともにニキビ跡の赤みやシミといったものの一緒に剥がすことで徐々に治ってきます。

そのためターンオーバーを促す化粧水でスキンケアしていくことが基本となります。

またビタミンC配合の化粧水も効果があります。ビタミンC配合の化粧水はお肌の炎症を抑えてくれ、色素沈着やシミといったものを薄くしてくれる役割があります。

このようにまずは化粧水によってスキンケアしていきましょう。

おすすめのニキビ跡化粧水

おすすめのニキビ跡に効果がある化粧水はリプロスキンです。60日間の返金保証付きですのでまずは手軽に初めてみてはいかがですか?

詳細はこちら⇒Reproskin(リプロスキン)

ニキビ跡の参考サイトはこちら⇒ニキビ跡がひどい!そんな人にニキビ跡対策全部見せます

このページの先頭へ